グリーンアドバイザー東京がGAサロン「恵泉草花検定3・4級合格講座」第2弾を開講

GAサロン1.PNG
GAサロン.PNG

グリーンアドバイザー東京・GAサロン「恵泉草花検定3・4級合格講座」第2弾を開講
■主 催 グリーンアドバイザー東京
■日 時 平成28年1月20日(水)14時30分〜16時
■会 場 日比谷公園緑と水の市民カレッジ3階「みどりのiプラザ」研修室
所在地:東京都千代田区日比谷公園1-5
アクセス:
東京メトロ丸ノ内線、千代田線「霞ケ関」下車 徒歩3分
東京メトロ日比谷線 「日比谷」下車 徒歩5分
都営地下鉄三田線 「内幸町駅」下車 徒歩5分
JR山手線 「有楽町駅」下車 徒歩15分
■講 師 小口健蔵(GA東京会長・KENガーデニング教室主宰)
■会 費 1,500円(GA東京会員は1000円)
会費には出題候補植物リスト80種のカラー写真と解説が載ったテキスト代が含まれています
■内 容 @3月2日の試験に向けて出題候補植物の詳しい説明(カラー写真つき)これは試験用の
テキストになります。A実際の受験者の経験談 B試験本番を想定した模擬テスト

受講ご希望の方は下記項目を明記の上、E-mail、FAX、郵便でGA東京広報事務局までお送りください。  
申込〆切 1月15日(金)

記載項目
GAサロン「恵泉草花検定3・4級合格講座」受講申し込みます
氏 名
〒住所
E-mail
TEL
FAX

GA東京・広報事務局〒136-0073東京都江東区北砂6-27-14
FAX送信先:03−5635−9956 
E-mail送信先:info@gatokyo.net

恵泉草花検定の概要 ○詳しくは「恵泉草花検定2015年度夏秋季」で検索
■日時 平成28年3月12日(土)9:00〜9:45受付9:45試験説明10:00〜試験(4級15分3級30分)
■会場 恵泉女学園大学J棟202教室(京王多摩センター駅からスクールバスで20分)
■申込〆切 2016年3月2日(水)必着
■検定料 3級2,000円、4級1,000円(この他の級もあります)
■出題内容
3級:出題候補植物リスト80種の中から40種の植物のカラー写真が出題され、その「和名と科名」を答えるというもの。90%以上の正解で合格となる。
4級:出題候補植物リスト40種の中から25種の植物のカラー写真が出題され、その「和名」を答えるというもの。90%以上の正解で合格となる。


恵泉草花検定の次回の試験日は2016年3月12日(土)です。

恵泉女学園大学のホームページで恵泉草花検定の次回検定スケジュールと出題候補植物リストがアップされています。

恵泉女学園大学は、東京の多摩市にある4年制の大学です。教育の柱の一つに園芸を立て、一般教養としての生活園芸に取り組んでいます。キャンパス内には、各種の花壇やガーデンが配置され、学生や公開講座を受講する一般市民の学習や研究に活用されています。
恵泉草花検定3.PNG
@前庭花壇 Aウッドランドガーデン Bハーブガーデン C三日月花壇 Dキッチンガーデン Eロックガーデン Fシェードガーデン 出典:恵泉女学園大学HP

恵泉草花検定の概要は、次の通りです。

■はじめに
恵泉女学園大学では、皆様に身の周りにある花壇に咲いている草花をもっと楽しんでもらうため、草花検定をはじめました。最も易しい5級から難易度の高い1級までの5つのレベルを設けています。2013年3月に第1回恵泉草花検定「2012年度夏−秋季」5級、4級を実施しました。その後、第3回「2013年度夏−秋季」から3級が、第6回「2015年度春季」から2級が加わりました。級が上がるにつれて、出題候補数や出題項目が増えていきます。
名前を覚えることは、草花の性質、生態、さらには栽培や花壇デザインに関する知識・技術の習得への入り口になります。受験に際して学歴や年齢制限等はありません。趣味として園芸を楽しむ方はもちろんのこと、ガーデナーや造園家を目指す方々も、勉強の目標として是非ご活用ください。多くの方が花壇を訪れ、草花をよく観察し、その正しい名前を覚えていただけることを願っています。

■恵泉草花検定概要
1)年間の検定実施回数と認定証の発行
検定は草花が咲く時期によって「春季」と「夏秋季」の2季に分けて実施しています。毎年一回ずつ、9月に「春季」、3月に「夏秋季」を行っています。
「春季」と「夏秋季」の両方を合格すると、その級が認定されます。ご希望の方には、有償で認定証を発行いたします。なお、1級の検定試験につきましては、来年度以降に順次実施していく予定です。

2)出題形式
各級の出題候補の植物種類数、出題数、出題内容および合格の基準を下記の表に示しました。2季とも同じ形式で試験を行います。各級の出題候補の植物に関する情報は、「2015年度夏秋季出題候補植物一覧」 をご覧下さい。
なお、2014年度夏秋季から、分類を新エングラー体系からAPGの分類体系に変更しました。それに従い、出題候補植物リストも、植物名の五十音順から分類(科)順に配列しなおしました。ただし、当分の間、変更前の旧科名でも正解とします。

3)試験方法
各級の出題候補の中から植物の写真が提示され、それに該当する植物名や科名を記入していただきます。解答に際して、「和名」、「科名」、「学名」、「英名」は「2015年度夏秋季出題候補植物一覧」 に提示された名称とします。


恵泉草花検定1.PNG
出典:恵泉女学園大学HP

恵泉草花検定2.PNG
出典:恵泉女学園大学HP

合格発表
2016年3月24日(木)から4月6日(水)まで大学公式サイトで、合格者の受験番号を発表します。発表後、合格者のみに通知書を送ります。

1)申込・支払い方法および問い合わせ先
「申込用紙」をダウンロードするか、または、大学研究機構事務室にて入手し、次の方法でお申し込み下さい。
eメールに添付して送付:engei@keisen.ac.jp
FAXで送付:042-376-8634
郵送:〒206−8586東京都多摩市南野2-10-1 恵泉女学園大学 園芸教育室(担当 菊地)
大学に持参される方: 大学研究機構事務室(公開講座受付窓口)にご提出下さい。

※ご提出いただいた個人情報は、草花検定に関する事務手続き以外には使用致しません。

2)お申し込み後、3月2日までに以下の方法で検定料をお支払いください。
【一般】お振込先:三菱東京UFJ銀行 世田谷支店 普通0622578 学校法人恵泉女学園
振込名義人は、クサバナ+お名前(例 クサバナケイセンハナコ)とご記入ください。
お振り込み手数料は、ご本人様のご負担でお願い申し上げます。
★多摩市立グリーンライブセンターでお支払いいただくこともできます。
【恵泉女学園の学生・生徒】学生は3月10日までに、大学庶務課会計にて支払ってください。
生徒は3月2日までに、一般の方と同様にお支払いください。

3)お申し込み及びお支払いされた方には、受験票をお送りします。受験票が前日までに届かない場合は、eメールかFAXで上記のアドレス・番号にお問い合わせ下さい。


2015年度 恵泉草花検定 夏秋季出題候補植物リスト ↓ ツイッター記事をクリックすると出てきます。


恵泉草花検定のホームページ ↓ クリックするとHPに飛びます。

平成27年度環境造園管理学セミナー(大学院授業)で話すこと

6年前から母校の千葉大学園芸学部の大学院で、環境造園管理学セミナーの非常勤講師をしています。
今年も11月から3回セミナーを担当することになりました。

私が担当する内容は、自分のこれまで経験してきたストラッグルを中心に、これから求められるパークマネジメントについて、講義半分、現地見学半分で実施します。

未来の公園を支え、発展させるのは、若い世代の役割です。若者たちに、パークマネジメントの肝を伝えることができるのは、この世界で生きてきた実務者として大変うれしいことです。

平成27年度環境造園管理学セミナーで話すことは次の通りです。

■第1回目 平成27年11月14日(土)13時00分〜16時45分
・テーマ: 公園管理から公園経営へ-東京都庁の挑戦-/都立日比谷公園のパークマネジメントについて
・概要 講義:公園管理から公園経営へ−東京都庁の挑戦− 2002年から今日まで日本のパークマネジメントの新たな展開を切り開いてきた東京都庁の公園経営のストラッグルについて具体的事例を交えて紹介する。また 世界の都市公園とレクリエーションに関する唯一の組織であるWorld Urban Parksの動きについて紹介する。
・見学:都立日比谷公園のパークマネジメントについて日本で最初の洋風公園の歴史を持つ日比谷公園でのパークマネジメントの実際を現地で見学するとともに日本で一番活発に事業展開している緑と公園の専門ライブラリー「緑と水の市民カレッジ」を訪問する。

■第2回目 平成27年12月12日(土)13時00分〜16時45分
・テーマ: 社会・経済の課題に貢献する公園 稼ぐ公園の作り方その1 都立井の頭恩賜公園のパークマネジ メントについて
・概要 講義:社会・経済の課題に貢献する公園 稼ぐ公園の作り方その1 都市公園の役割は、レクリエーション、環境保全、防災、都市の骨格形成などだといわれてきたが このところ世界的潮流として社会の課題をソリューションする場としての公園の役割がクロー ズアップされてきている。この講義では社会に貢献する公園とは何か現状はどうなっているのか、そのためには何をしなければならないかを考える。
・見学 都立井の頭恩賜公園のパークマネジメントについて 都立井の頭恩賜公園でのステークホルダーの協力による公園の魅力づくり、公園の抱える課題のソリューションをいかに実現させているか現地で見る。

■第3回目 平成27年1月23日(土)13時00分〜16時45分
・テーマ: 社会・経済の課題に貢献する公園 稼ぐ公園の作り方その2 新宿区立新宿中央公園のパークマネ ジメントについて 概要 講義:社会・経済の課題に貢献する公園 稼ぐ公園の作り方その2 その2の講義では社会に貢献する公園を実現するための「稼ぐ」公園づくりについて「稼ぐ 」に込められた意味を考えるとともにその具体的方法について考察する。
・見学 新宿区立新宿中央公園のパークマネジメントについて 新宿区立新宿中央公園が指定管理者制度を導入したことで大きく公園の姿が変わるとともに地域活性化の拠点としての役割を果たしている。現地を見学するとともにその運営方法の極意について担当する公園財団の職員にインタビューする。

パークマネジメントに役立つ資格 その2

■学芸員
■イベント業務管理士
■サービス接遇検定
■サービス介助士
■普通救命講習
■プロジェクトワイルド 一般指導者、上級指導者
■自然観察指導員
■健康運動指導士、健康運動実践指導し士
■キャンプインストラクター、キャンプディレクター











パークマネジメントに役立つ資格・その1

■公園管理運営士
■CIPP、CPP
■技術士・技術士補(建設部門・都市および地方計画)(国家資格)
■登録ランドスケープアーキテクト
■グリーンアドバイザー
■樹木医
■造園施工管理技士(国家資格)
■造園技能士(国家資格)
■自然再生士
■松保護士












公園管理運営士会 関東支部 研修会のご案内 狭山公園、野山北・六道山公園見学会&セミナー 

野山北・六道山公園.PNG

公園管理運営士会関東支部で、「西武・狭山パートナーズ」が指定管理者を務める「都立狭山公園と都立狭山公園、野山北・六道山公園」で下記のとおり研修会を企画しました。

平成21年度の都市公園コンクール管理運営部門で、「東京都立野山北・六道公園における新たな協働型パークマネジメント」が国土交通大臣省を受賞しています。東京の郊外の丘陵の緑を都立公園として保全し、指定管理事業者が民間の柔軟な考えを導入し里山公園の運営管理に工夫を凝らしています。その現場のその後、そして現在の課題への対応をお聞きします。また、狭山公園ではコミュニティガーデン講座を開設するなど市民が公園づくりに積極的に参加する仕組みを導入しています。

東京都の担当スタッフの説明を伺い、指定管理者の担当者に現地視察に同行いただき、意見交換も行う充実した研修会です。

申し込みは、「研修会(狭山公園、野山北・六道山公園)に参加します。」と記載し、@氏名 A連絡先電話番号 BE-mailアドレス C〒・住所 Dその他連絡事項 を記入の上、ファクシミリで申し込んでください。40名様まで先着順で受け付けます。

申し込み先:公園管理運営士会 関東支部 事務局 一般財団法人 公園財団 事業推進部 川田衣恵 宛
FAX番号:03-6674-1190

狭山公園、野山北・六道山公園見学会&セミナーの概要 
◆期 日 :平成27年12月9日(水)
◆見学地 :東京都立狭山公園、野山北・六道山公園
◆主 催 :公園管理運営士会 関東支部・日本造園修景協会
◆集合・解散場所:集合‐西武遊園地駅(西武多摩線)改札口
解散‐武蔵村山総合体育館(路線バス 立川駅北口行き有り)
◆特 徴 :指定管理者として活躍する「西武・狭山丘陵パートナーズ」による丁寧な現地説明と東京都担当職員による公園の基本理念の説明や現状の取り組み事例について意見交換が可能。
◆参加費 :無料(公園管理運営士会会員、日本造園修景協会会員でない方は、1,000円)移動費・弁当代は別途実費負担いただきます。
◆造園CPD:ID3861
◆参加人数:40名まで
◆お申込み:下記事務局あて、下記の申込書にご記入の上、メールまたはFAXで
◆〆  切:11月30日(月)〔先着順〕
◆スケジュール:
10:00 西武遊園地駅(西武多摩線)改札口集合
10:05 狭山公園パークセンター着
10:10〜11:30 公園の概要説明及び現地視察(視察しながら、意見交換)
 案内者:狭山公園所長「阿部誠治」氏
 狭山公園副所長「礒脇桃子」氏
 NPO birth 理事「蜂須賀公之」氏
11:30〜12:00 移動(タクシーを予定)
12:00〜13:00 昼食(野山北・六道山公園 里山民家でお弁当)
13:00〜14:00 野山北・六道山公園視察・意見交換
 案内者:西武・狭山公園パートナーズ統括所長「植木孝行」氏
 野山北・六道山公園副所長「久保田潤一」氏
 NPO birth 理事「蜂須賀公之」氏
14:00〜14:30 移動・セミナー準備(里山民家→武蔵村山市総合体育館)
14:30〜15:10(40分)
セミナー@「東京都立野山北・六道山公園」の設立目的や理念、現状の課題について〜「藤生好人」氏(東京都西部公園事務所 工事課 課長代理)
15:10〜15:50(40分)
セミナーA「東京都立野山北・六道山公園」のにおける自然環境保全の取り組みについて〜「蜂須賀公之」氏(NPO birth 理事)
15:50〜16:30(40分)
セミナーに関する「質疑応答及び意見交換」
16:30〜17:00(30分)
西武狭山丘陵パートナーズの担当の方々を交えた指定管理者に関する意見交換
◆全行程、植木様、阿部様、蜂須賀様、礒脇様、久保田様がご同行いただく予定。

問い合わせ先
◆公園管理運営士会 関東支部 事務局 一般財団法人 公園財団 事業推進部 川田衣恵
TEL 03-6674-1188 fax 03-6674-1190
E-mail kinue-kawada@prfj.or.jp

野山北・六道山公園マップ

野山北・六道山公園マップ.PNG

狭山公園の様子
狭山公園.PNG

狭山公園マップ
狭山公園マップ.PNG

写真・地図とも公園HPからお借りしました。

11月のGAサロン 講師は80歳からの野菜づくりを提唱している筒口典康さんです。

グリーンアドバイザー東京では、2か月に一回「GAサロン」を開催しています。
GAサロンは、ガーデニングの技術を磨いたり、知識を深めたりするためにグリーンアドバイザーが講師になって、セミナーを開くもので、グリーンアドバイザー東京の会員などガーデニングに関心をもつ方々向けに実施しています。GAはグリーンアドバイザーの略称です。

11月の講師は、80歳からの野菜づくりを提唱している筒口典康さんです。80歳からの野菜づくりというのは、80歳になっても元気に野菜づくりが楽しめるよう、あまり体力を使わなくてもちょっとずぼらで楽しく野菜づくりをすることをいうそうです。

10月27日に、世田谷の千歳烏山駅から徒歩5分のところにあるコミュニティカフェななつのこ主催のアグリセミナーで筒口典康さんの話を聞きました。

有機物をうまく土の中に漉き込んで、微生物を増やし、ふかふかの土を作る方法について興味深い話を聞きました。

筒口さんは、保育園の園児たちから畑のおじいさんといわれて子どもたちに野菜の育て方を話していました。畑が幼児保育に貢献しています。

GAサロンの詳細は、次の通りです。
どなたでも、ご参加いただけます。ご興味ある方は事前予約してください。

■開催日:11月25日 水曜日
■時間:14時30分から16時
■場所:日比谷公園 緑と水の市民カレッジ 3階(1階が日比谷グリーンサロンです)
■講師:GA東京監事 筒口典康 さん
■内容: ☆容器栽培で植物を増やそう!
☆発酵肥料の作り方、使い方
■参加費:500円(資料代)
■申込み:GA東京研修委員長 田野辺ゆかり
E-mail : yukaritanobe@me.com
携帯:090-9334-3577
(開催日前日までお申込みを受付けます)

問い合わせ先
グリーンアドバイザー東京事務局
FAX:03-5635-9956 E-mail:info@gatokyo.net
〒136-0073 東京都江東区北砂6-27-14

公園管理運営士会事務局からQPA通信2015年第5号が発行されました。

公園管理運営士の資格を持っている方は日本全国に約2,100人います。
その有資格者で公園管理運営士会を組織し、パークマネジメントの研鑽をしています。
http://www.j-la.jp/parkadministrator/qpa.html
その活動の一つとして、QPA通信を発行しています。
QPAというのは公園管理運営士の英語名の略称です。

10月30日発行の2015年第5号の目次は、次の通りです。
1【徒然公園記】コラム 「草原の生物多様性を体験できるエリアを創ろう」 根本 正之 さん(東京大学大学院農学生命科学研究科 特任研究員、明治大学農学部 客員教授)
2【オススメ公園】〜健康・生きがい・絆づくり、そして感動体験を強力にサポート 東平尾公園〜 QPA会員 大原 亨さん ((公財 )福岡市みどりのまちづくり協会 公園管理事務所長 )
3【会員の声】防災をテーマとした体験イベントのあり方 QPA会員 企画委員 中沢 恵美子さん((公財)東京都公園協会公園事業部防災担当課長)
4 支部だより
5 事務局からのお知らせ

それぞれ、大変興味深い話が記載されています。
公園管理運営士の資格を持ち、まだ公園管理運営士会の会員になっていない方は、是非入会し、こうした会の情報サービスを活用ください。

各地の支部でどのような活動をしているか「支部だより」を転載します。

4 支部だより
【関東支部】
「都立狭山公園、野山北・六道山公園」の現地視察等の研修会を関東支部主催で下記により行います。
日 時:平成27 年12 月9 日(水)10:00〜17:00
場 所:集合−10:00 西武多摩線西武遊園地駅改札口 解散−17:00 武蔵村山総合体育館
参 加 費:無料(但し、QPA 会員、日本造園修景協会会員以外は1,000 円)
参加人員:40 人まで(11 月30 日までにお申込み下さい。先着順です。)
参加申込み等詳しくは関東支部会員には別途連絡いたします。
お問い合わせ先:
関東支部事務局 公園財団事業推進部 川田衣恵 TEL:03-6674-1188 e-mail:kinue-kawada@prfj.or.jp

公園管理運営士会事務局からQPA通信2015年第4号が発行されました。

公園管理運営士の資格を持っている方は日本全国に約2,100人います。
その有資格者で公園管理運営士会を組織し、パークマネジメントの研鑽をしています。
http://www.j-la.jp/parkadministrator/qpa.html
その活動の一つとして、QPA通信を発行しています。
QPAというのは公園管理運営士の英語名の略称です。

9月1日発行の2015年第4号の目次は、次の通りです。

1【徒然公園記】コラム 「公園と生物多様性保全」 須田 真一さん(中央大学理工学部人間総合理工学科保全生態学研究室専任研究員)
2【オススメ公園】
『花の都静岡』を体感する公園〜ボランティアの皆さんとともに成長するガーデンパーク〜QPA 会員 内田 利幸さん(浜名湖えんてつグループ浜名湖ガーデンパーク管理センター副所長)
3【会員の声】公園運営を支える資源
QPA 会関東支部会員 齋藤 正徳さん(西武造園椛謗O運営事業部伊豆箱根地区統括所長)
4 支部だより
5 事務局からのお知らせ

それぞれ、大変興味深い話が記載されています。
公園管理運営士の資格を持ち、まだ公園管理運営士会の会員になっていない方は、是非入会し、こうした会の情報サービスを活用ください。

各地の支部でどのような活動をしているか「支部だより」を転載します。
4 支部だより
【東海支部】
1.平成27 年度通常総会
平成27 年7 月21 日(火)三重県桑名市「なばなの里」で平成27 年度東海支部通常総会が開催されました。今年度の事業計画、予算案、が承認され、引き続き「花をテーマにした植物園」の管理運営について、なばなの里職員の若林様および各エリアの管理担当者から説明を受け現地見学が行われました。国、県、賛助会員、関係団体、会員及び本部からは小林会長も来られ36 名の参加がありました。懇親会は同施設内の長島ビール園で地ビールを飲みながら参加者の意見交換が行われました。
2.第32 回全国都市緑化あいちフェアー研修会を開催します
平成27 年10 月24 日(土)13:30 より愛・地球博記念公園 地球市民交流センター集合主要施設の解説後自由行動。17:30 より久屋大通公園フラリエにて情報交換会を実施します。多数の参加をお待ちしています。
3.研修会
平成27 年6 月8 日樹木日常点検講習会が、愛知県営熱田神宮公園で開催されました。参加者は公園管理運営士
会会員および、愛知県内市町の公園担当者45 名が参加しました。樹木医の講師により、午前中に公園樹木の点
検のポイントの講習を行い、午後は実際の公園内の樹木を見ながら点検の方法を学びました。
【関東支部】
9 月3 日(木)新宿角筈地域センターで遅ればせながら関東支部役員会・総会を開催しました。今年は支部が設立して2 年がたち、役員の改選が行われ、新にWORLD URBAN PARKS(旧IFPRA)理事の小口健蔵様が支部長になりました。総会の後、「これからのパークマネジメント」というテーマで講演会を行い、52 名の参加者が熱心に聞き入っていました。

公園管理運営士会・関東支部で講演会が開催されます。(ただし参加は、公園管理運営士会会員限定)

公園管理運営士会・関東支部で講演会が開催されます。参加費は無料です。(ただし参加は、公園管理運営士会会員限定。公園管理運営士の資格を持ち、これから入会される方も参加可能です。)

講演会のテーマは「これからのパークマネジメント」です。
講演者は3人です。
一人目が、小野 隆氏(公園マネジメント研究所 代表取締役)です。「ヘルシーパークス・ヘルシーピープルとは」と題して、米国での取り組みなど最新の取材を含めて、健康づくりに公園が果たすべき役割、日本の公園がそれらにどう取り組むべきかを話します。
二人目が、佐藤 留美氏(NPO法人NPOバース事務局長)です。「市民協働による公園の管理運営」と題して公園管理運営の最先端で実施している市民協働が何を生み出して公園の価値を上げているかを自身の実践を踏まえて話します。
三人目が筆者です。お二人の話を踏まえ「これからのパークマネジメントについて」話します。

関東で公園管理運営士の資格を持っている方で、公園管理運営士会に入っていない方は、これを機会に公園管理運営士会に入会し、講演会にご参加ください。年会費は3,000円です。但し、 (一財)日本造園修景協会の会員または公園管理運営士会の賛助会員に勤める職員が会員の場合は年会費は2,000円です。

入会方法は、文末に掲載してあります。

■ 講演会  テーマ:これからのパークマネジメント
日 時:平成27年9月3日(木) 14時50分〜17時
場 所:新宿角筈(つのはず)地域センター・8階レクリェーションホール(別添図)
新宿区西新宿4−33−7  TEL:03-3377-1373
○ 講演1
・ヘルシーパークス・ヘルシーピープルとは(14:50〜15:35)
        小野 隆 公園マネジメント研究所 代表取締役
○ 講演2
・市民協働による公園の管理運営(15:40〜16:25)
        佐藤 留美 NPO法人NPOバース事務局長
○ 講演3
・これからのパークマネジメント(16:30〜17:00)  
        小口 健蔵 World Urban Parks初代理事

なお、総会終了後懇親会(会費4,000円)を行います。懇親会参加者は当日会費を徴収いたします。

■講演会に先立ち同じ場所で、関東支部総会が開催されます。
入会した方は、これにも参加いただけます。
開催時間と議案は次の通りです。

開催時間 総 会 14時10分〜14時40分
役員会・総会議案
 1.関東支部役員の改選について
 2.平成27年度事業計画について
 3.公園管理運営士会の法人化について
 4.その他

■ 出席希望の方は、入会手続きを済ませたうえ、下記にメールまたは、FAXで8月25日までにお申し込みください。
申し込みに当たっては、次のことを記載ください。
@総会、講演会、懇親会それぞれに参加するかどうか
A氏 名               
B会社名               
C連絡先 電話番号または、メールアドレスをご記入下さい。
申し込み先
一般財団法人 公園財団 長谷川 清弘
メール kiyohiro-hasegawa@prfj.or.jp
FAX 03-6674-1190

■公園管理運営士会入会の手続き
公園管理運営士会のホームページにある「入会のご案内」のボタンをクリックし「会員入会申込書・年会費の振込」の用紙をダウンロードし、必要事項をご記入し、年会費を振り込みのうえ、下記宛てに郵送
または FAX でお送り下さい。

あて先 (一財)日本造園修景協会内 公園管理運営士会
〒103−0004 東京都中央区東日本橋 3−3−7 近江会館ビル8階
電話 03-5645-5730 FAX 03-3662-8268
会費振込先
みずほ銀行 麹町支店 普通預金 1270403
郵便振込 00130−4−608306
口座名】公園管理運営士会(いずれも同じ)

■公園管理運営士会について、小林治人会長が次のように語っています。
「公園管理運営士会」は、公園管理運営士に登録された方の情報ネットワ ークを築くために設立された会です。この有資格者の継続的な学習や情報 交換等を促進することにより、会員の職能の向上を図ると共に、公園管理 運営士の社会的信用を高めて行くことを目的としております。 公園管理運営士は現在約2,000人を数える状況にあり、指定管理者制度 に基づく公園の管理運営は更新や新規箇所が増加するなどまた、公園施設 の長寿命化等、管理運営の重要性が増してきております。このような中で、 会員の公園管理運営に関する知識・技術のスキルアップ、社会的地位や認 知度の向上、会員相互の交流やネットワークの強化を更に図るため、公園 管理運営士会通信の発行や各地での交流会、講習会・研修会等を行ってい ます。 公園管理運営士の皆様には、このような当会の活動をご理解・ご賛同を 頂き、積極的に入会されますようご案内申上げます。
公園管理運営士会.PNG

日本造園学会のミニフォーラムで国際公園プロフェッショナル資格について話題提供します。

5月24日(日)17:00〜18:30 東京大学農学部2号館化3教室で「公園管理という職能と世界の動向」のミニフォーラムに話題提供者として参加します。詳しくは、次のとおりです。興味ある方はご参加ください。大会参加料が必要です。

平成27年度 研究委員会フォーラム 開催概要
<公園管理という職能と世界の動向>
1.開催趣旨
指定管理者制度の導入から10年あまりが経過し、公園の管理運営に関するマーケットの拡大、携わる組織や人材の変化や増大とともに、新たな制度(仕組み)における取組みが効果を上げ始め、公園の管理運営という職業や職能に対する認知度も徐々にではあるが高まってきている。
国内では平成18年度に公園の管理運営に係る資格制度が創設され、2,000名(平成25年度末)を超える「公園管理運営士」が誕生し、世界ではIFPRA(International Federation of Parks and Recreation Administration)がWorld Urban Parksに名称・組織変更すると共に、世界で通用する公園管理分野の資格としてCPP(Certified Park Professional)とCIPP(Certified International Park Professional)の2つの資格制度を創設したところである。
  これらの国内外の変化や取組みは、公園の管理運営や職能像が新たな局面に入ったことを示していると共に、社会変化への対応やグローバルな視野と連携による取組が求められることの証しでもあると考えられる。
この度のミニフォーラムでは、新たな局面における公園管理運営の職能像や世界的な動向の紹介をもとに総合討論を行い、これらの更なる展開と発展に向けた可能性を探り、発信することを目的に開催するものとする。

2.話題提供
@公園管理に係る職能と国際的な資格制度について
(一財)公園財団 常務理事 小口 健藏
A海外における公園管理運営の動向 
千葉大学名誉教授 田代 順孝
Bアメリカにおけるヘルシーピープルヘルシーパークの取組み
(一財)大阪府公園協会 経営企画課主査 竹田 和真
 
3.総合討論
公園管理運営の更なる展開と発展に向けて

4.企画
・責任者:ランドスケープマネジメント研究委員会
・連絡先:西山秀俊(株式会社グラック)
東京都中央区東日本橋3−6−17
電話:03-3249-3010、e-mail:nishiyama@glac.co.jp 
| 人材育成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌倉で緑地保護に取り組んだ元県職員をモデルに絵本

神奈川新聞
2007年5月14日

鎌倉で緑地保護に取り組んだ元県職員をモデルに絵本

 鎌倉市で長年、緑の保全に取り組んだ元県職員の宮沢敏雄さん(故人)をモデルにした絵本が完成した。退職後も市民や市職員に緑地保護の理念や植物の育て方を熱心に指導した。絵本は、炭焼き技術などを伝授された市民グループが「自分のことを語らずに周囲にいろいろな思いを伝える老人」を語り継ごうと、自費出版した。

 宮沢さんは一九〇九年生まれ。丹沢で森林保護を若者に指導するなど、県職員として農林業の振興に尽力。退職後も鎌倉市の緑化推進専門委員や緑化審議会委員などを務めた。「樹木の害虫を処理する際も薬剤は使わずに手でつぶすように教えていた」と市職員。九五年、八十六歳で死去した。

 絵本を制作したのは「鎌倉中央公園を育てる市民の会」で間伐材などを使った炭作りに取り組む鍼灸(しんきゅう)師の相川政夫さん(58)ら。宮沢さんからみっちり指導を受けた。子供たちに緑化や環境保護への思いを伝える方法を模索しているうちに、宮沢さんをモデルにした絵本制作に必然的に行き着いたという。

 「けむりがもくもく、もくもく、もくもく。やがてツーンとしたにおい」。舞台は山間の集落。切り倒した木を材料に窯で炭を焼くおじいさんを、孫娘が近くでそっと見守るストーリー。ともに会のメンバーで会社員の長谷川潤さん(38)が文を、内山隆史さん(50)が絵を描いた。

 窯の作り方や炭ができるまでの過程を紹介した図解も添えた。九百四十五円(税込み)で千五百部を作成。市内の書店などで販売中。出版社の冨山房(ふざんぼう)インターナショナル=電話03(3291)2578=によると「在庫は残り百部ほど。重版を検討中です」という。

女性の庭師 世界へ飛躍

読売新聞
2007年6月8日

女性の庭師 世界へ飛躍

 海外で開かれる園芸関係の催しで、日本人女性の活躍がめざましい。かつては「男の職場」だった造園業でも女性が働きやすい環境が整い、女性ガーデナーが多数生まれてきたことが背景にあるようだ。

 きめ細かな植栽と柔軟な発想のデザインは、海外の園芸愛好家にも注目されている。

 庭園の展示、新品種の発表などを行うガーデニングショー、フラワーショーと呼ばれる催しは、園芸の盛んな欧州が本場。中でも英国で毎年5月に開かれるチェルシーフラワーショーは、英国王立園芸協会が主催する歴史のある大会だ。

 同ショーの庭園の展示は、各国のデザイナーが競うメーンのショーガーデン部門と、その他のスモールガーデン4部門で構成される。コートヤード(中庭)部門で今年、内山緑地建設(本社・福岡県)に勤める鳥飼寛子さん(30)デザインの庭が銀メダルに輝いた。

 約5メートル四方に、日本庭園の要素を交え、英国で入手できる日本の植物と英国の園芸品種を使ってきめ細かな植栽を行った。「ジギタリスやフウロソウなど優しい色彩の草花を配置したのがよかった」と鳥飼さん。

 鳥飼さんは、同社が千葉県君津市に設ける庭園で植栽や維持管理を担当。同社営業企画部は「工場や高速道路の広域緑化から個人の庭などに業務を広げたいと考えており、設計やデザイン部門で女性採用を増やしている」と話す。

コンクールで次々栄誉
 同ショーではこのほか、今年シティーガーデン部門で金メダルを獲得した石原和幸デザイン研究所(東京)のチームの一員として、松山市で造園業を営む篠原芳子さんが参加。2002年には英国園芸研究家のケイ山田さんが、ショーガーデン部門で金メダルに準ずる賞を受賞している。

 また、2000年からカナダなどで3年に1回開かれているトピアリー(立体的に造形した植物)の世界大会「モザイカルチャーインターナショナル」では、トピアリー作家の宮崎雅代さんが調整役となり、2009年の大会を浜松市に誘致するのに一役買った。

 1990年代にガーデニングという言葉が流行、趣味として楽しむだけでなく園芸を仕事にする女性が増えてきた。就職氷河期で女性の専門職志向が強まったこと、機械化が進み力仕事が減ったことも要因になった。2000年に淡路花博が開催されて、教育機関の設置なども進んだ。

 園芸研究家の奥峰子さんは「たくさんの人を呼び込もうと、商業施設や公園も植栽を重視するようになった。決まり切った発想にとらわれない女性ガーデナーは、ますます重宝されるだろう」と話している。

再生なるか“失われた菖蒲園” 芹沢公園南端―有志が活動も「市民の協力が不可欠」

タウンニュース
2007年6月8日

再生なるか“失われた菖蒲園”
芹沢公園南端―有志が活動も「市民の協力が不可欠」

 芹沢公園(座間市栗原)の“失われた菖蒲園”を再生したい─。地元に住む有志が中心となり、活動に乗り出した。今や雑草茂る湿生植物コーナーの4つの池を市民の手で、かつての姿に戻せるか。

 芹沢公園の湿生植物コーナーは平成9年、公園の南端、栗原水源のそばに造成された。生い茂る木々に囲まれた、昔ながらの谷戸を思わせる佇まい。4つの池に分かれ、完成当初は菖蒲が一面に咲き誇っていたという。

 市の公園緑政課が管理していたが、その後植え替えなどは特に行われなかった。いつしか菖蒲は絶え、池に水を流していたポンプも停止された。現在、柵で囲まれた池のあった場所には雑草が生い茂り、かつての「菖蒲園」の面影はない。

 「もう菖蒲が咲かなくなってから6〜7年は経つんじゃないか」。当時の情景を知る人は、そう語る。「全面に菖蒲が咲き、それは素晴らしい眺めだった」

 “失われた菖蒲園”を取り戻したいという動きが始まったのは昨年から。地元に住む有志が「何とかしたい」と奔走。菖蒲の栽培歴20年以上の経験を持つ荒川夫妻(立野台在住)に手入れの指導を仰ぎ、このほど“再生”への一歩に乗り出した。6月5日には有志数名が集まり、早朝から作業を開始。1時間ほどかけて池のひとつを耕し、荒川さんが自宅で栽培していた菖蒲数株を敷地の一角に植えていった。

 「自分らの公園だから、地元でやらないと」と話すのは、栗原中央に住む宮松正一さん。この日も朝から精力的に汗を流した。

 「全部やろうと思うと大変。まずはひとつひとつやっていきたい」

 公園緑政課の石上さんも「これからは協働の時代」として協力の姿勢を惜しまない。課題は参加者の数。実質的に活動に従事する人数はまだ数名で、敷地はあまりに広い。維持管理に名乗りをあげる市民が増えれば、「再生」の道程も楽になる。

 「公園に遊びにきてね、花が咲いているといいじゃないですか」と宮松さん。再生の担い手が一人でも増えることを願っている。問い合わせは宮松さん、電話046・254・3597まで。

はぐくみの里 富士見公園内にコミュニティガーデン開園

はぐくみの里
富士見公園内にコミュニティガーデン開園

田畑や花壇など整備 市民のコミュニティづくりに一役

 川崎区にある富士見公園内にコミュニティガーデン・はぐくみの里がこのほどオープンした。ガーデン内には田畑や花壇などが整備。住民同士が交流を図る“地域の庭”としての期待が高まっている。

 コミュニティガーデンは地域の緑を増やしながら、コミュニティの再生、さらには循環型社会の促進を図る役割をもつ。はぐくみの里は、ホームレスの自立支援を促すことも視野に入れている。

 5月12日の開園式には宮前小学校の児童や父母らが参加し、田植え作業などで汗を流した。

 富士見公園を管理する環境局南部公園事務所によると「ガーデンの運営や企画に参画するリーダーを養成した上で、多くの市民の参加につなげていきたい」としている。

ガーデンリーダー募集中

 南部公園事務所は6月30日までガーデンリーダーの養成講座の受講生を募集している。7月から来年1月までの間に年6回の講座と農作業実習を行う。

 希望者は「リーダー養成講座受講希望」を明記し、ハガキかファックスで南部公園事務所へ。
〒210−0011川崎区富士見1の1の6、ファックス044・211・1274。問い合せ=044・233・8929。