緊急地震速報の訓練が11月4日(金)に実施されます。この機会に備えが十分か点検を!

地震訓練.PNG

地震訓練2.PNG

気象庁から緊急地震速報の訓練(平成28年11月4日)のプレスリリースがありました。

緊急地震速報を見聞きしてから強い揺れが来るまでの時間はごくわずかであり、その短い間に、あわてずに身を守るためには日頃からの訓練が重要です。この機会に身を守る行動を体験してみましょう。

※本訓練は、例年11月5日の津波防災の日(世界津波の日)に行っていますが、本年度は土曜日にあたるため、より多くの機関や団体等が参加できるよう、11月4日(金)に実施します。

1.訓練実施日時
 平成28年11月4日(金) 10時00分頃
※気象庁が配信する訓練用の緊急地震速報については、訓練当日の地震の発生状況や気象状況によって配信を中止あるいは内容を変更する場合があります。

2.参加機関等
 国の機関、地方公共団体、学校、民間企業等、個人

3.訓練の内容等
 訓練参加者は、訓練用の緊急地震速報を見聞きした際に、速やかに安全な場所へ移動するなど、それぞれの場面に応じた身の安全を確保する行動を実施する。
※訓練概要の詳細については、告知用チラシ「緊急地震速報の訓練に参加しましょう!」をご覧ください。


公園の運営管理をする現場でも、この機会を活用して訓練するのはどうでしょうか。

大規模地震に備え、地震が起きたときにどのように行動すべきかポスターを作り、
事務所内に掲示しておくことが肝要です。

この手順を実際にしてみる訓練も、年に一回はすることが大切です。

大きな地震が発生した直後にすべき行動

1.近くにいる来園者を安全な場所に誘導し、体を低くして頭を守っていただく
2.スタッフに来園者の誘導と対応、非常扉の開錠を指示
3.テレビ、ラジオをつけ、地震と津波警報に関する情報を収集
4.津波警報が出たら、園内の来園者を避難建物の上の階に誘導する
5.園内放送で現状と安全確保のために来園者にしていただきたいことを案内
6.園内の安全(火災発生、建物の損壊等の有無)の確認
7.周辺の安全(隣接家屋、道路、鉄道)の確認
8.来園者、従業員の安否確認を指示
9.危機管理体制を立ち上げ、情報を一元化
10.負傷したり閉じ込められたりした来園者、従業員の救護
11.公園管理者、消防・警察、行政等への連絡
12.ウェブサイトを通じた情報発信(第一信)の準備

地震発生から一時間後、状況がわかってきた時にすべき行動

1.けがをした来園者の状態を確認し、可能な範囲での応急処置を指示
2.ラジオ、テレビ、ワンセグテレビ、スマートフォン等を使って、津波や余震に関する情報を収集
3.津波の第二波、第三波に備えて、浸水の恐れのある低層階には下りないよう、来園者に徹底する
4.来園者に、掲示板等を使って最新情報を提供。聴くことが困難な方もいるので、口頭で案内したことは、掲示やメモで必ずフォローする
5.衛星通信電話、無線、twitter、Lineなどあらゆる手段で外部との連絡を試み、園内の状況を伝える。
6.避難している来園者のリストを作成
7.外国人の来園者については、大使館・領事館からの安否確認にすぐ対応できるよう、名前の他、旅券番号を入れたリストを作成
8.連絡が取れていない従業員の安否・所在確認と、従業員の家族への連絡を継続
9.長時間(数日間)、避難者が園内で過ごすことになる可能性もあるので、提供できる水・飲料と食糧の備蓄を確認
10.現在の状況をメモで記録し、データファイル化しておき、インターネットが繋がったらすぐに公園のホームページにアップできるようにしておく。

公園管理運営に関わるリスクとは何か?いま目の前で起こっていること

公園管理運営に関わるリスクとは?.PNG

9月28日に日本公園緑地協会が主催するパークマネジメント講習会でリスクマネジメントの話をしました。

リスクとは、ある行動に伴って(あるいは行動しないことによって)、危険に遭う可能性や損をする可能性を意味する概念です。講義資料を作成したときに考えたのは、公園管理運営に関するリスクで一番大きいものは何かということでした。
得られた結論は、私たちの仕事がなくなることが一番のリスクだということです。
私自身がこれまで、東京都庁や公園財団で仕事をしてきた中で、実践したことがまさに一番大きいリスクへの対応だったと考え、上記のパワーポイントのスライドにまとめました。

講義で話したことは、
1.公園管理運営におけるリスクとは何か
2.リスクの全体像をイメージしよう 
3.社会の課題解決が一番重要、そのための戦略を練る
  必要とされる公園になる!自らが変わる!稼ぐ公園をつくる!
4.リスクを嗅ぎ分ける直観力を養い、現場で実践する
5.リスクの未来予測をする
6.痛い目にあう、他山の石を見てやり方を見直す
7.リスクマネジメントの知を共有する
です。

指定管理者制度が始まり、国営公園の運営管理では市場化テストが導入され、公園管理運営の市場が民間にも開放されました。
このことは、それまで管理運営の仕事を担ってきた役所の直営部門や協会や財団などの外郭団体にとって、これまでの公園管理運営者で、効率を上げたり創意工夫ができないところは退場してくださいと宣言された状態になりました。これは、ある日突然起こった話ではなく、数年前から改革の議論や法律改正の準備がされていました。
このことを察知して準備したところは、傷も浅く生き残ることができていますが、対応ができなかったところは市場から姿を消しました。

これは、10年ほど前に始まった出来事です。

いま、また新しい波が来ていることを認識する必要があります。
少子高齢化で、これまで以上に公園管理運営の財源が先細ることは必定です。新しい財源、稼ぐ公園を構築できなかったり、公園管理運営部門の改革ができなければ、いま活躍している企業も団体も役所の公園部門も退場してくださいといわれるでしょう。

その意味で、私は大阪市の天王寺公園や大阪城公園の指定管理手法に注目しています。
今年から始まった大阪城公園パークマネジメント事業は、大阪城公園の観光拠点化に向けた、民間主体のPMO事業の推進をし、
天王寺公園エントランスエリア魅力創造・管理運営事業では、公園のエントランスエリアへの民間活力の導入を進めています。

二つの事業のプレーヤーは、広告代理店、建設リース業、不動産業が担っています。そこには従来からの公園事業に関わるプレーヤーの姿はありません。

行動しないリスクのなんと大きいことでしょうか。

 

平成27年度『パークマネジメント』講習会、小口が公園におけるリスクマネジメントについて講演します。

一般社団法人日本公園緑地協会主催、平成27年度「パークマネジメント」講習会が
9月28日(月)11:00〜17:30の日程により、代々木の国立オリンピックセンター
記念青少年総合センターにおいて開催されます。

当オフィス代表の小口健蔵が、講義1で「公園管理運営におけるリスクマネジメント」を講演します。

リスクマネジメントとは、起きて欲しくない事象(リスク)に対して、起きないように組織を指揮し、管理する調整された活動です。

公園管理運営におけるリスクには、大きく分けて、公園そのものに係わるリスクと運営組織に係わるリスクの二つがあります。

公園に関わる行政担当者も指定管理等受託事業者も、担当する公園のリスクと組織のリスクに敏感にならなければなりません。

所管する公園の安全を守り安心を確保すること、また公園を管理運営する職場から不祥事を出さないことは、マネジメントの基礎です。

自らの組織や施設を取り巻くリスクを一覧表にして、管理職層や職員に注意喚起するとともに、リスクの軽減策を行動の中に組み込んだり、研修計画に連動させたり、予算執行や予算要求に反映させることが大切です。

講演では、事例を踏まえ、どうリスクマネジメントをすべきかお話しします。

講習会の詳細は、次のツイッター記事にアクセスしてください。
申込書も添付されています。

受け付け締め切りは9月17日です。


日本公園緑地協会.PNG

リスクマネジメントが重要! 三木の公園職員が着服 指定管理者が懲戒解雇に

本今日のパークマネジメントのヒント

パークマネジメントの要素の一つにリスクマネジメントがあります。
大きく分けて、公園そのものに係わるリスクと運営組織に係わるリスクの二つがあります。

「三木の公園職員が着服 指定管理者が懲戒解雇に」のニュースは、後者のリスクが顕在化した事例です。責任者は、担当する公園のリスクと組織のリスクに敏感にならなければなりません。

組織を構成する職員のリスクには次のものがあります。
○犯罪等:汚職、非行、セクハラ・パワハラ、差別、いじめ、痴漢行為、未成年者との不純性交渉、横領、窃盗、強盗、詐欺、大麻・麻薬・脱法ハーブ、交通事故、暴行、飲酒運転、スキャンダル、その他違法行為
○勤怠:無断欠勤・遅刻、正当な理由のない当日申し出の休暇、職務怠慢
○勤務時間、態度:昼休み等の時間ルーズなど
○精神衛生上の管理等:ノイローゼ、うつ病、精神病、過労死、過労による自殺など
○給与、通勤手当、通勤手段の不適正申告 許可を受けない自動車通勤、新幹線通勤の不正届出
○検査、監督業務等の仕事上の怠慢
○汚職・収賄:入札の競争妨害等秘密の漏洩、恣意的な業者の斡旋・選定
○公金、公物の横領・不適正処理・不適正使用:タクシークーポン等金券等の流用、事務物品の持ち出し、使用料等の歳入処理の不正
○安全衛生管理:高所からの転落、不注意や機械・器具の操作ミスによるケガ、整理整頓の不備による危険物でのケガ
○事故による死傷 交通事故、航空・船舶事故

公の施設の管理者として、またそうした公園を適切に運営する職員を守るために常にリスクマネジメントを心掛けなければなりません。

リスクマネジメントとは、起きて欲しくない事象(リスク)に対して、起きないように組織を指揮し、管理する調整された活動です。

大事なのは、リスクが起きる鍵となる原因を探ることです。
今回のニュースを他山の石として、自分の組織では絶対起きないか、リスク分析や弱点箇所の抽出が必要です。

三木市の公園の事例では、

1.職員として「やるべきこと、やってはいけないこと」を伝えているか
2.使用料や入場料の扱いが一人に任せきりにせずダブルチェックしているか
3.適切な投資を行っていたか
4.スタッフが異常に気づいたら、責任者に伝えやすい環境を整えているか

などのことが十分機能していなかったと思われます。

職場から不祥事を出さないことは、マネジメントの基礎です。自らの組織や施設を取り巻くリスクを一覧表にして、管理職層や職員に注意喚起するとともに、リスクの軽減策を行動の中に組み込んだり、研修計画に連動させたり、予算執行や予算要求に反映させることが大切です。


大きな地震が発生した直後にすべき行動

大規模地震に備え、地震が起きたときにどのように行動すべきかポスターを作り、
事務所内に掲示しておくことが肝要です。

また、この手順を実際にしてみる訓練も、年に一回はすることが大切です。

大きな地震が発生した直後にすべき行動

1.近くにいる来園者を安全な場所に誘導し、体を低くして頭を守っていただく
2.スタッフに来園者の誘導と対応、非常扉の開錠を指示
3.テレビ、ラジオをつけ、地震と津波警報に関する情報を収集
4.津波警報が出たら、園内の来園者を避難建物の上の階に誘導する
5.園内放送で現状と安全確保のために来園者にしていただきたいことを案内
6.園内の安全(火災発生、建物の損壊等の有無)の確認
7.周辺の安全(隣接家屋、道路、鉄道)の確認
8.来園者、従業員の安否確認を指示
9.危機管理体制を立ち上げ、情報を一元化
10.負傷したり閉じ込められたりした来園者、従業員の救護
11.公園管理者、消防・警察、行政等への連絡
12.ウェブサイトを通じた情報発信(第一信)の準備

地震発生から一時間後、状況がわかってきた時にすべき行動

1.けがをした来園者の状態を確認し、可能な範囲での応急処置を指示
2.ラジオ、テレビ、ワンセグテレビ、スマートフォン等を使って、津波や余震に関する情報を収集
3.津波の第二波、第三波に備えて、浸水の恐れのある低層階には下りないよう、来園者に徹底する
4.来園者に、掲示板等を使って最新情報を提供。聴くことが困難な方もいるので、口頭で案内したことは、掲示やメモで必ずフォローする
5.衛星通信電話、無線、twitter、Lineなどあらゆる手段で外部との連絡を試み、園内の状況を伝える。
6.避難している来園者のリストを作成
7.外国人の来園者については、大使館・領事館からの安否確認にすぐ対応できるよう、名前の他、旅券番号を入れたリストを作成
8.連絡が取れていない従業員の安否・所在確認と、従業員の家族への連絡を継続
9.長時間(数日間)、避難者が園内で過ごすことになる可能性もあるので、提供できる水・飲料と食糧の備蓄を確認
10.現在の状況をメモで記録し、データファイル化しておき、インターネットが繋がったらすぐに公園のホームページにアップできるようにしておく。

淀川公園予約HP 不正侵入疑い

2013年9月3日
読売新聞

国土交通省淀川河川事務所は2日、淀川河川公園の施設利用予約のホームページ(HP)について、外部から不正侵入された可能性があるため、8月31日から閉鎖していると発表した。現時点で個人情報が流出した形跡はないという。

 HP「施設予約システム(よどいこ!)」で、同事務所で「不正侵入された疑いがある」と判断し、閉鎖して原因を調査している。再開の時期は未定。

 HPでは、大阪市―京都府八幡市間の淀川沿いに点在する公園敷地21か所のテニスコートや野球場、ゲートボール場などの予約ができる。昨年度は約8万7000件の予約があった。

 HP閉鎖に伴い、予約は淀川河川公園守口サービスセンター(06・6994・0006、午前9時〜午後5時)で受け付けている。