里地里山とは

里地里山とは

里地里山とは、原生的な自然と都市との中間に位置し、集落とそれを取り巻く二次林、それらと混在する農地、ため池、草原などで構成される地域です。農林業などに伴うさまざま人間の働きかけを通じて環境が形成・維持されてきました。
里地里山は、特有の生物の生息・生育環境として、また、食料や木材など自然資源の供給、良好な景観、文化の伝承の観点からも重要な地域です。

里地里山の危機

しかし、里地里山の多くは人口の減少や高齢化の進行、産業構造の変化により、里山林や野草地などの利用を通じた自然資源の循環が少なくなることで、大きな環境変化を受け、里地里山における生物多様性は、質と量の両面から劣化が懸念されています。

国内の取組

里地里山保全活動の取組の参考とするため、持続可能な資源利用に関する全国の特徴的な取組事例を収集、分析し、幅広く情報発信を行っています。さらに、伝統的な里地里山の利用・管理手法の再評価、保全活用につながる新たな利活用手法の導入、都市住民や企業など多様な主体の参加促進方策などの視点について検討を行い、地域の活動にとって必要な助言や技術的なノウハウの提供を行うことにより、全国的な里地里山の保全活用を促進しています。

出展:環境省HP(http://www.env.go.jp/nature/satoyama/top.html

SATOYAMAイニシアティブとは

SATOYAMAイニシアティブとは

わが国の里地里山のように農林水産業などの人間の営みにより長い年月にわたって維持されてきた二次的自然地域は世界中に見られますが、現在はその多くの地域で持続可能な利用形態が失われ、地域の生物多様性に悪影響が生じています。世界で急速に進む生物多様性の損失を止めるためには、保護地域などによって原生的な自然を保護するだけでなく、このような世界各地の二次的自然地域において、自然資源の持続可能な利用を実現することが必要です。
わが国で確立した手法に加えて、世界各地に存在する持続可能な自然資源の利用形態や社会システムを収集・分析し、地域の環境が持つポテンシャルに応じた自然資源の持続可能な管理・利用のための共通理念を構築し、世界各地の自然共生社会の実現に活かしていく取組を「SATOYAMAイニシアティブ」として、さまざまな国際的な場において推進していきます。
国際機関や各国とも連携しながら、COP10(生物多様性条約第10回締約国会議)を契機として「SATOYAMAイニシアティブ」を効果的に推進するための国際的な枠組みを設立し、その枠組みへの参加を広く呼びかけていきます。

出展:環境省 自然環境局 HP

生態系サービスとは?

生態系サービスとは? 
出典:Wikipedia

生態系サービス(Ecosystem services)とは、生物・生態系に由来し、人類の利益になる機能(サービス)のこと。「エコロジカルサービス」や「生態系の公益的機能」とも呼ぶ。

森林の生態系サービスには様々なものがある(酸素供給・土壌流出防止・洪水防止など)
人類は、生態系によって提供される多くの資源とプロセスから利益を得ている。このような利益は、まとめて生態系サービスと呼ばれており、水の浄化や廃棄物の分解といった過程が含まれる。これらの自然の資産を人間が必要とする面において、生態系サービスは、他の生態系に由来する産物や機能と異なっている。生態系サービスは、次の5つの種類に分割することができる。
(供給)食品や水といったものの生産・提供
(調整)気候などの制御・調節
(文化)レクリエーションなど精神的・文化的利益
(基盤)栄養循環や光合成による酸素の供給
(保全)多様性を維持し、不慮の出来事から環境を保全すること

人口が増加するにつれ、環境への負荷(エコロジカル・フットプリント)も増加する。多くの人々は、これらの生態系サービスが無償で、壊れることが無く、無限に利用できるという誤解に汚染されていた。しかし、人類による酷使の影響は、絶えず明らかになってきている – 空気と水質はより危険になり、海では魚が濫獲され、伝染病は歴史上の限界を超えて広がり、森林伐採は洪水の調節能力を損なっている。氷で覆われていない地表の約40-50%が人類の活動によって変化あるいは劣化しており、漁場の66%は過剰あるいは限界に達するまで酷使されており、大気の二酸化炭素濃度は産業化開始から30%以上増加しており、過去2000年で鳥類のほぼ25%は絶滅した。

生態系サービスが脅威にさらされ限界状態になっているだけではなく、人類にとっての短期と長期のニーズのどちらを選択するのかについて早急な判断を迫られている…ということを、社会が理解し始めている。意思決定を行なう際に、人為的に運営される代替物で置き換えるコストに基づいて、多くの生態系サービスの経済価値を評価することが増えている。自然に対する経済価値を定めようとしている進行中の挑戦は、環境・社会的責任・ビジネスチャンス・人類の将来を、理解・管理することを通して、生態系サービスに関する研究が学際方向へ向かうことを促している。

生態系サービスは、以下の5種類に分類できる。

■供給サービス(Provisioning services)
食品の提供(猟場・漁場など含む)
原材料(建築素材・繊維・染料・天然樹脂・接着剤・ゴム・油脂・医薬原料)
エネルギー資源(水力・バイオマス燃料)
■調整サービス(Regulating Services)
気候調整(光合成による二酸化炭素吸収を含む)
洪水制御
廃棄物の分解と無毒化
■文化的サービス(Cultural Services)
文化的・知的・精神的な刺激
レクリエーション・エコツーリズム・バードウォッチング
科学的発見
■基盤サービス(Supporting Services)
栄養循環・土壌形成
作物の送粉と種子の拡散
水と空気の浄化
伝染病の防御
■保全サービス(Preserving services)
資源利用の確保(遺伝的多様性および種多様性の維持)
災害に対する備え(傾斜地崩壊の予防など)

世界国立公園会議とは?

国際自然保護連合(IUCN)が中心となって10年に一度開催される国立公園など保護地域に関わる世界的な会議。自然保護などに関わる世界中の専門家(研究者、行政官、民間団体など)が集まり、意見交換をして、世界の自然保護を中心とする環境政策についての方向をリードしてきた。
 第1回目は、1962年にシアトル(米国)で開催された。その後は、1972年に指定100周年のイエローストーン国立公園(米国)、1982年バリ島(インドネシア)、1992年カラカス(ベネズエラ)でそれぞれ開催されてきた。2002年には、第5回会議がダーバン(南アフリカ)で予定されていたが、同じく南アフリカのヨハネスブルグで開催された国連開発サミットとの重複を避けるため1年延期され、2003年9月に開催された。それぞれの会議で採択された宣言や行動計画などは、海中公園などの新たな制度創設や先住民・地域住民への配慮など保護区管理運営への大きな足跡を残してきている。開催年の議題対象などにより、公園会議、保護地域会議など会議名称に変化があるが、総括して世界国立公園会議と称することが多い。
 第6回会議は2014年11月にシドニー(オーストラリア)で開催された。
出典:ECネット