パークマネジメントのヒント2017年11月1日

📖今日のニュース ■ゲール事務所 デイビッド・シムと6人のプレイスメーカーが見据える日本のパブリックスペースの未来 ソトノバ ■「軽トラ市」に見る地域活性化、地域再生のカギは思わぬところに ■鶴ケ城の「石垣」守れ! 会津JC、ツタ除去で崩壊の危機防ぐ ■国交省でルールをつくっていた先輩に、これからの都市計画について色々聞いてみた。■植物園のあり方を変えた「指定管理者制度」とは






スウィートピー マメ科.PNG
スウィートピー マメ科

パークマネジメントのヒント2017年10月31日

📖今日のニュース ■日本のホームレスは、なぜ「こぎれい」なのか 明治学院大学のトム・ギル教授の研究とは?■陸軍板橋火薬製造所跡と板橋区史跡公園 ■11月18日、ソーシャルイノベーションフォーラム2017分科会「ひらく公園 パブリックエリアマネジメントでできること」■旧陸軍施設、観光名所に再生 大阪城公園にミライザ開業 ■トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園 トリップアドバイザーエクセレンス認証を受賞

<



a href="http://park-management.up.seesaa.net/image/E38391E383B3E382B8E383BCE38080E382B9E3839FE383ACE7A791.PNG" target="_blank">パンジー スミレ科.PNG
パンジー スミレ科

パークマネジメントのヒント2017年10月30日

📖今日のニュース ■常識外れの「よなよなエール」が独走するワケ クラフトビールの旗手が挑む販売と生産の壁 ■「スノーリゾート地域の活性化推進会議」におけるモデル事業の実施〜スノーリゾート地域の活性化に向けたモデル事業実施者を募集します!〜 ■439人の特攻隊員が飛び立った鹿児島県・知覧の地で、平和を祈願して植樹された101本の桜がピンチ!台風から桜を守るため、樹木保存プロジェクトの立ち上げ資金を募るクラウドファンディング開始 ■天王寺公園:鷹の「粋」「てんしば」ハトから守ります ■ 東京都ら/新宿駅直近地区再整備方針たたき台/超高層ビル群との融合など9項目整理






ペラルゴニウム フウロソウ科.PNG
ペラルゴニウム フウロソウ科

パークマネジメントのヒント2017年10月29日

📖今日のニュース ■国交省、若手34人がタブーなき直言 政策立案「スピード感遅い」■1杯のコーヒーでまちを変えた本郷紘一さんによる『リノベーションシンポジウム@浜松』■久屋大通公園再開発、年度内に南側の基盤計画 名古屋市 ■4年連続優秀賞受賞 日比谷公園ガーデニングショー2017ガーデンコンテスト「Papa Son のキッチン」 ■福岡市長が語る、人生100年時代の新戦略「福岡100」






ヒューケラ ユキノシタ科.PNG
ヒューケラ ユキノシタ科

パークマネジメントのヒント2017年10月28日

📖今日のニュース ■浅草「仲見世商店街」が存亡の機… 浅草寺が“家賃16倍”要求 ■年俸10万ドルで鍛冶屋を募集 公園局、多様な職種で求人 ■スノーピーク 熊本市と観光・防災で連携 ■【福井】地産地消の伊料理店 坂井、ゆりの里公園に完成 ■リノベーションまちづくりで成果を上げる和歌山の秘密に迫る!『リノベーションまちづくりサミット!!!わかやま』開催のお知らせ






アスチルベ ユキノシタ科.PNG
アスチルベ ユキノシタ科

パークマネジメントのヒント2017年10月27日

📖今日のニュース ■モスクワ中心部の新観光地「ザリャディエ公園」は一見の価値あり ■書評・最新書評 : 白熱講義 これからの日本に都市計画は必要ですか [著]蓑原敬ほか - 隈研吾(建築家・東京大学教授)■富士山吉田口、4千人超で混雑 山頂、富士宮口は2千人で ■テレ東「池の水ぜんぶ抜く」第5弾放送決定!初大阪ロケでシリーズ史上最大池に挑戦 ■【スポーツ×ビジネス】スタジアム建設収益狙うプロチーム、企業、政府 関西で計画ラッシュ 新国立は「優良物件」か






リビングストンデージー ハマミズナ科.PNG
リビングストンデージー ハマミズナ科

パークマネジメントのヒント2017年10月26日

📖今日のニュース ■ホームレス体験も… フードロス、AV産業、地域活性化にも取り組む「社会問題解決ツアー」って?■地球で一番「BIGな樹」は、意外すぎる場所にあった。■補助金不正受給:全領収書の偽造認める 公園管理委元会長 丹波市議会百条委 兵庫 ■「ストリートウィーク特別企画! これからの日本のストリートの未来をつくろう! 」ソトノバ ■「青の洞窟 SHIBUYA」イルミネーション開催、渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木まで青一色に






コムギセンノウ ナデシコ科.PNG
コムギセンノウ ナデシコ科

パークマネジメントのヒント2017年10月25日

📖今日のニュース ■彩湖・道満グリーンパーク新規遊具の投票受付中! ■牧野植物園磨き上げ整備基本構想(案)について(意見公募期間:平成29年10月5日から11月3日まで)■国立公園満喫プロジェクト展開事業の公募について ■県立幕張海浜公園における(仮称)JFAナショナルフットボールセンターの設計・施工者の決定について ■熱田神宮公園野球場及び愛知県口論義運動公園のネーミングライツパートナーを募集します。






カーネーション ナデシコ科.PNG
カーネーション ナデシコ科

パークマネジメントのヒント2017年10月24日

📖今日のニュース ■(仮称)お茶と宇治のまち歴史公園整備運営事業 募集要項等を公表します。■「国登録有形文化財“桑ハウス”を活用した地域創生拠点づくりに向けた民間事業者意向調査」の実施について ■花博記念公園鶴見緑地の活性化に向けた マーケットサウンディング(市場調査)を実施します ■神戸市:「都市公園における公民連携の対象事業発掘と実現可能性の検討」委託事業者の公募について ■今年の「ほぼ日」は雑貨展・地球儀・学校で稼ぐ 糸井重里代表「僕自身がセールスマンになる」






ヒゲナデシコ ナデシコ科.PNG
ヒゲナデシコ ナデシコ科

ランドスケープデザイン誌連載『小口健蔵が行く。パークマネジメントの最前線!』 第3回は「世界標準の植物園を目指す高知県立牧野植物園」です。



牧野3.PNG

2017年10月23日発売の『ランドスケープデザイン』誌 NO.117の『小口健蔵が行く。パークマネジメントの最前線!』第3回は「世界標準の植物園を目指す高知県立牧野植物園」です。

牧野植物園は何を目指しているのか、そのストラッグルを取材しました。
さわりを紹介します。


牧野4.PNG



牧野.PNG

牧野2.PNG

小口健蔵が行く。 パークマネジメントの最前線!
世界標準の植物園を目指す高知県立牧野植物園
 取材・文=小口健蔵  写真・資料=高知県立牧野植物園

■ ニューヨークの植物園で目の当たりにしたこと
植物園経営に強い関心があります。きっかけは、2002年、石原都知事から都立神代植物公園に関して、『素晴らしい植物園なのに宣伝が下手で、集客ができていない』と指摘されたことです。確かに当時は、公立植物園で広く宣伝するという考えや人々の興味を刺激する取り組みを積極的にするということはあまりしていませんでした。

これではいけないと、2002年にニューヨークに飛び、ニューヨーク植物園やブルックリン植物園を見て回り圧倒されました。展示内容、コレクションの数々、美しい園地、教育プログラム、品のよいショップ、そして洒落たレストランなどに目を奪われました。
日本と彼の地との落差を知り、これからの植物園はどうあるべきか大いに考えさせられたのを覚えています。

■ キュー植物園のストラッグル
今年の9月に日本植物園協会の特別講演会 『私たちの植物園ー今 そしてこれから』で、キュー植物園園長のリチャード・ディベレル氏による特別講演「21世紀における植物園の目的」を聞きました。

氏は、ケンブリッジ大学を卒業し、経営コンサルタントとして数年間働いたのち、BBC(英国放送協会)に20年間勤務して、BBCニュースのウェブサイトの立ち上げ、BBC子供局の運営を手掛けたそうです。その間、キュー植物園の理事として財務・監査およびリスク委員会に6年間携わり、2012年9月、歴史上初めて、植物学者ではなく組織のリーダーとしての植物園長となった方です。就任後、大幅な改革を行い、キューの科学部門の強化、財政健全化に注力しているといいます。

話で驚いたのは、『イギリスの大学では植物学のカリキュラムがなくなった』というのです。そして、『植物園は古めかしい存在だと人々に認識されている』のだそうです。

年間入場者が200万人いるということで順調な経営をしているだろうキュー植物園でさえも、経営を抜本的に改革しなければ、生き残れないという危機感を持っているのでしょう。

ディベレル氏は、また、『人間の暮らしは植物に依存しており、@エネルギー、水、空気など地球上の生態系サービスがあるからこそ人間は生きることができ、生態系サービスの4分の1は植物由来であること。A人間の食糧は、30種の穀物に依存し、そのうち12種から人間が摂取するカロリーの75%を得ているといいます。2100年には地球人口が現在の75億から120億人へと増加することが予測され、気候変動も大きく現出するのではないかと考えられているときに、植物学は重要である』と語りました。

そして、『植物学はいらない。植物園は古めかしいという認識は間違っている』と断言していました。
何を世の中に訴えたら、植物学や植物園への関心を持ってもらえるかをメディアにいたからこそ考えているのでしょう。

そして、世の中が変わるからこそ植物園が世の中に求められる存在であり続けなければならないかを強烈に意識して経営をしているのです。

■ 日本の植物園のいま
翻って、日本の植物園の現状を考えてみましょう。2002年にニューヨークで自分が目にした植物園との落差はあれからどうなったでしょうか。

日本では植物園の多くは、自治体が設置し公園的要素が強いので季節ごとに草花で飾り人々を楽しませるフラワーランドの設えが中心になっています。それも大事なことですが、それだけではいけません。近年は生態系保護や絶滅を恐れられている植物の保全に力を入れてようと植物園間でネットワークを組むところも出てきました。大事なことです。でも、これだけにとどまっていては、世の中を納得させたり、多くのファンを取り込むことは難しいと考えます。

そして、各自治体の財政的困難もあり、15年前に見たニューヨークの植物園の光景には、いまでも追いついていないのが現状だと思います。

そんな中、素晴らしい植物園が日本にもあるのです。それが、今回紹介する高知県立牧野植物園です。

■ 高知県立牧野植物園は何をめざしているのか
高知県立牧野植物園は、高知が生んだ「日本の植物分類学の父」牧野富太郎博士の業績を顕彰するために、博士が亡くなった翌年、1958年高知市の五台山に開園しました。当時は面積も狭く、職員も5名程度の小さな植物園でした。

橋本大二郎知事時代の1999年には、日本の偉人牧野富太郎にふさわしい植物園にしようと、園地を全面的に拡張し、植物に関する教育普及と研究の拠点となる「牧野富太郎記念館」を新設するとともに、植物の多様性に関する研究を中心とする研究型植物園として再出発したのです。高知県は100億円にも上る思い切った投資をしました。

ここから、牧野植物園の快進撃が始まります。

再出発してから18年経過して、ハードとソフトの取組が進化してきました。いまでは、牧野富太郎記念館での様々の展示や学校教育プログラムの開発など植物と人間生活の関わりを主題とする教育普及活動の展開や、温室の充実や50周年記念庭園の設置、フラワーイベントの実施など植物の展示活動の充実も図り、研究・教育普及・植物を通じた憩いの場の提供という機能を併せ持つ総合型植物園としての役割を果たしています。

■ ニューヨーク植物園アジア部長の小山鐵夫博士を園長に招請
今日の牧野植物園のかたちを作ったのは、高知県庁をはじめ、担当職員など様々な人たちの努力があるのですが、なんといっても小山鐵夫前園長の力に負うところ大です。

小山氏はニューヨーク植物園でのアジア部長・主任研究員としての経験を買われ、ニューヨーク植物園在籍中の1993年に牧野植物園整備検討委員会の委員となります。1998年本格的に植物園整備が始まり、園長をだれにしようかということで、高知県は小山博士に白羽の矢をたてたのです。小山氏はアメリカで引き続き植物分類学の研究をしたいとも考えていたのですが、日本で事実上ゼロから新しい植物園を創るという仕事、『日本で屈指の植物園、世界に知られた植物園をつくってほしい』という要請に魅力を感じ、招請に応じたのです。

これが幸いしました。アメリカの名だたる植物園の経営を経験した園長が就任したのです。

■ 小山園長が考えたこと
小山氏は、『世界でも名の知れた植物園』をつくるには、日本の植物園のなかでもユニークな存在にならないと考えました。日本の植物園ではあまり取り組まれていない研究型植物園としてミャンマーのフローラ調査など国際プロジェクトをリードし成果を上げ、海外の植物園に存在が知られる作戦をとることにしたのです。

この作戦は、お金をあまりかけずともできることが理由でした。季節ごとに人々を楽しませる花で飾られた植物園を人々は期待するのですが、それはお金がかかることから、後回しにしたのです。しかし、研究型植物園は地味です。県民にアピールすることも大事だと考え、その後フラワーガーデンの取り組みをすることにもなりました。

さらに、研究型植物園として植物分類学を中心にするといっても、いずれは費用対効果を問われることは必至と考えて、ニューヨーク植物園時代から提唱していた資源植物学、ことに薬用植物研究への道に大きく舵を切ります。生薬として使える可能性のある植物を集め、同定し、化学成分や、染色体を調べ、栽培技術も研究するという役割を植物園が果たすことで、高知の中山間地で生薬材料を栽培したり、加工したりといった産業を興すことにつなげたいと考えたのです。

この考えは、財源確保の意味もありました。県の財政は決して豊かではありません。税金だけで植物園を運営することには限界があります。海外植物探索研究には、国やJICAの資金を獲得する努力もし、生薬に取り組むことで企業からの資金導入にもつなげているのです。

また、植物園に来る入園者を増やし入園料を稼ぐことも、植物園経営にとって重要なことです。

そのために、欧米の植物園のように美しい園地の設え、洗練された展示、教育プログラムの数々、品のよいショップや充実したレストランなど、これまでの日本の植物園ではなかなか見ることができなかったシーンを来園者が楽しめるよう実現させたのでした。

この続きは、あと4ページは、購入してのお楽しみです。

ランドスケープデザイン誌の注文など詳しくは ↓
http://www.marumo-p.co.jp/SHOP/LD117.html

パークマネジメントのヒント2017年10月23日

📖今日のニュース ■名古屋・栄の再生 魅力ある空間を生かせ:社説:中日新聞 ■巨大芸術作品、下品過ぎる?=ルーブルから近代美術館へ−仏 ■認可外保育所 7カ所開設へ 中野区が来年4月 ■「泊まれる●●」が続々誕生 ライブハウスに本屋、公園… ホテル不足解消にも一役 ■「グリーンインフラ推進セミナー」を全国2箇所で開催します  国土交通省






セラスチウム ナデシコ科.PNG
セラスチウム ナデシコ科

パークマネジメントのヒント2017年10月22日

📖今日のニュース ■ケイトウ:色とりどり 東京・昭和記念公園 ■大分城址公園魅力発信イベント実施業務委託 簡易公募型プロポーザルを実施します ■新宿中央公園魅力向上推進プランを策定しました!:新宿区 ■J1規格、那覇に2万人スタジアム 23年開業予定、多目的施設に - 琉球新報 ■海側と山側で補完、尾道の遊休建物改修






アグロステンマ ナデシコ科.PNG
アグロステンマ ナデシコ科

パークマネジメントのヒント2017年10月21日

📖今日のニュース ■こども食堂は第2ステージへ 地域性の獲得に向けて(湯浅誠) ■都民による事業提案制度 募集を開始|東京都 ■旧陸軍庁舎が商業施設に“変身” 「ミライザ大阪城」19日オープン ■試焚火”できる都内のキャンプフェス「焚火クラブ2017」開催。キャラバンも出演!■">「植物の名前、ぜんぶ答えますキャンペーン」がスタート! 10月12日〜26日まで質問を募集――生物図鑑の読み放題サイト「図鑑.jp」。 | 山と溪谷社






観賞用トウガラシ.PNG
観賞用トウガラシ

パークマネジメントのヒント2017年10月20日

📖今日のニュース ■平成29年夏期 路上生活者概数調査の結果|東京都 ■近江牛110キロ、大鍋でスキヤキ 滋賀・竜王で催し ■公園等の清掃と除草等業務を行う町会・市民団体を募集 | 柏市役所 ■憂楽帳:市民のかいぼり - 毎日新聞 ■新しい社会の変え方、「こども宅食」の挑戦






ルリタマアザミ.PNG
ルリタマアザミ

パークマネジメントのヒント2017年10月19日

📖今日のニュース ■「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」(仏語)改訂第5版販売開始 日本を訪れる外国観光客向けの旅行ガイド、今回新たに吉野ヶ里歴史公園(★★)、六甲枝垂れ(★)など観光地99カ所を掲載!■家族で楽しむ東京・豊洲 新施設が続々と誕生! | TOKYO MX NEWS ■第2回景観セミナー&千葉県屋外広告タウンミーティングの開催について ■平成29年度 アーバンデザインスクール後期の開講のお知らせ|草津市 ■森のとしょかん 小松市






パークマネジメントのヒント2017年10月18日

📖今日のニュース ■青木 純「日常を劇場にする南池袋公園の新しい公共」Jun Aoki nest inc.代表取締役 ■新・大阪市緑の基本計画について 資料‐2 平成28年8月10日(水)第1回 みどりのまちづくり審議会 ■10月15日(日曜日)午後9時から行田市が舞台のドラマ『陸王』の放送が開始されます ■名古屋市:久屋大通公園(久屋広場)ネーミングライツ・パートナー候補者に関する市民意見の募集について ■文化芸術施設・庭園の管理運営に係る事業者ヒアリングを実施します|宝塚市






ルコウソウ.PNG
ルコウソウ

パークマネジメントのヒント2017年10月17日

📖今日のニュース ■子どもの体力は親の収入で決まる? 23区で最も低いのは〇〇区だった ■越後丘陵公園で「ローズウエディング」■米、相次ぐセクハラ告発 大物プロデューサー追放 ■「パークマネジメント」の概要と歴史――行政・企業・市民が一緒に創り出す、これからの公園の在り方 ■注目の「パークマネジメント」国内事例――次世代の公園は地域コミュニティが育てる






リンドウ.PNG
リンドウ

岡崎で講演します。タイトルは《稼ぐ公園》これからの公園活用術とは? お近くの方ご参加ください。


岡崎.PNG
岡崎2.PNG

岡崎市では、JR岡崎駅東地区の区画整理事業の仕上げとして駅前の市有地1.1haに、岡崎駅周辺の賑わい創出を目的に、都市公園と交流拠点施設の整備を進めています。

この事業では、市有地に事業用定期借地権を設定し民間事業者に交流拠点整備のアイデアを求め、公募しました。

その結果、一階には48席のカフェ、107席のレストラン、2階にはウェディングなどができる310人と100人収容のホール、高級宿泊施設10室の整備案が選ばれ、この度、ゲストハウス型婚礼施設『ララシャンスOKAZAKI迎賓館』としてオープンしました。(高級宿泊施設は来年1月オープン予定)

交流施設の目の前は公園ですので、公園のみどりを生かしたおしゃれな交流施設というわけですね。見方を変えれば、すぐ横にしゃれたカフェやレストランや婚礼のできる迎賓館がある公園が出来るわけです。

公園の中にカフェやレストランを誘致することが全国で取り組まれていますが、公園の隣接地に公園と一体的にカフェやレストランを創ることももっと考えられていいと思います。

来年3月に出来る公園を、市民の生活を豊かにし、人が集い、街が活性化するよう、どのように役立てたらよいのかを考えたいとのことで、講演することになりました。

岡崎での講演は13年ぶりになります。

ご興味のある方、是非ご参加ください。

チラシ↓
http://www.okazakicci.or.jp/deainoeki/event/images/1128.pdf

以下の資料の出典は 岡崎市シビックコア地区交流拠点整備事業 事業計画書(概要版)です。
岡崎4.PNG
配置図です。交流施設は駅とはペデストリアンデッキで結ばれます。駐車場や駐輪場も整備されます。

岡崎3.PNG


岡崎5.PNG

岡崎6.PNG

パークマネジメントのヒント2017年10月16日

📖今日のニュース ■米旅行業界が実感する「トランプ・スランプ」の影響 先行きに不安 ■トライアスロン会場 選手に水質問題の対応を説明 ■国立公園のドローン撮影映像を無料配信、環境省のプロジェクト指定の4か所、十和田八幡平国立公園など ■ジャカルタの鉄道、線路脇にある植物の正体 沿線のあちこちに植えられた理由は?■地方を変えるのは巨大計画より小さな店だ - 日高の名店が「フェス」を開く理由






メランポジウム.PNG
メランポジウム

未来の顧客を今創らなくてどうする! プレーパークは未来の顧客をつくる。

新宿プレーパーク.PNG
出典:新宿区プレーパーク協議会パンフレット


環境緑化新聞 連載第13回 2017年10月15日号
小口健蔵のパークマネジメントのヒント
プレーパークは未来の顧客をつくる。


10年ほど前の話である。議会で公園にプレーパークを導入すべきとの質問があった。

日本でのプレーパークは世田谷区の羽根木公園が発祥である。自分の責任で自由に遊ぶ。この精神に刺激され、都立戸山公園でも活動が始まっていた。

当時は、ホームレス対策法制定以前で、戸山公園にも多くのホームレスのブルーシートがあった。公園周辺には集合住宅が多くあり、ホームレスと遊び場の確保の攻防戦がそこにはあった。

母親たちは逞しかった。普通は子どもをホームレスに近づけさせるのを忌避するのだろうけれど、他に遊び場を確保するのは難しい。そこで、週一回はのびのび遊ばせることができる広場を確保しようと「水曜遊ぼう会」をつくり奮闘していた。

遊びの内容が重要だった。泥んこになり火も使い思いっきり遊ばせたいと考えたのだろう。プレーパーク的な活動を中心にしたのだ。都の工事課長時代、これは応援しなければと、誰も使う人がいない迷路を「のびのび広場」に改造して、いつでもプレーパーク活動ができるようにした。こうしたことが伝搬したのか、都立光が丘公園などでもイベント的にプレーパーク活動がされるようになった。

そんな経緯を踏まえての議会質問である。

野党質問だったので、どう答弁すべきか悩ましかったが、よい質問だと思った。

答弁検討会でのこと、管理担当から『プレーパークはこれまで認めていない。子どもの遊戯広場は、基礎的自治体が検討すべきであり都立公園レベルの公園にはなじまない。穴を掘ったりすることで土地の形状を変更する行為が含まれていて条例で禁止している。』という。

これには驚いた。

いくら野党質問であってもこれはないだろう。第一、すでにプレーパークは整備済みだ。そのことを問うと、あれは現場の裁量行為で例外だという。子どもたちが穴を掘り、流れに水を流す行為が土地の現状変更などという捉え方はどこから生まれてくるのだろうかと不思議だった。こんな管理担当では都立公園の未来が危うい。

『子どもの健全育成は、基礎的自治体だけの仕事ではない。都立公園の周りにもコミュニティが存在し、近くの公園で精いっぱい子どもたちを遊ばせたいと考えるのは、親の願いだろう。今子どもたちが、公園で自然とふれあい、大いに遊ぶことは、親になった時に、自分たちの子どもを公園で遊ばせたいと考えるだろう。未来の顧客を今つくらなくてどうするんだ。公園は都民のものであり都庁のものではない。』と反論し、質問に対して肯定的な答弁に変えたことがあった。

現場でのストラッグルこそ、公園の役割を深く認識させる。

私にとって、公園に関する未来の顧客を強く意識しなければと考えたエピソードの一つである。

(公園プロデューサー 小口健蔵オフィス代表)


パークマネジメントのヒント2017年10月15日

📖今日のニュース ■大阪城の外堀でトライアスロンができる理由 秀吉も驚愕!日本の公園はここまで変わった ■100頭以上のカバが大量死、炭疽か? ナミビア | ナショナルジオグラフィック日本 ■アンデルセン公園にデンマーク皇太子妃が 新遊具オープンのテープカットも ■レインボーフラッグを永久掲示 NY市立公園で初 ■不明の4歳男児保護 45時間ぶり、頭部骨折 伊東






ムギワラギク.PNG
ムギワラギク

パークマネジメントのヒント2017年10月14日

📖今日のニュース ■奈良公園周辺にも「中国式白タク」進出 主要観光地で横行か、スマホで予約・決済、摘発難しく ■狭山公園宅部池で絶滅危惧種を含む水生植物相が復活 ■駐車場シェアリングサービス「トメレタ」ひたち海浜公園周辺でサービスを開始 ■名勝の公園、老舗料理店が植栽壊し勝手に駐車場 ■鶴間公園で市民企画のイベント「鶴間公園のがっこう祭」を開催





ホソバヒャクニチソウ.PNG
ホソバヒャクニチソウ

パークマネジメントのヒント2017年10月13日

📖今日のニュース ■キャッセン大船渡が「日本まちづくり大賞」 エリアマネジメントの先進モデルに ■「安満遺跡公園整備プロジェクト」が着々と進行しています!(前編)■夢見ヶ崎動物公園サポーター制度に基づく寄附の状況について ■秋の芸術祭を初開催!松戸市21世紀の森と広場で「松戸アートピクニック」■さいたま水上公園の見直しについて






ホウセンカ.PNG
ホウセンカ

パークマネジメントのヒント2017年10月12日

📖今日のニュース ■関空アイスアリーナ整備で事業者を公募/国際規格のアイススケートリンクを設計・建設/泉佐野市 ■さいたま水上公園をPPPで再整備へ、埼玉県が民間事業者の意見を募集 ■県立自然公園内のキャンプ場が劇的に売上改善!若年者・アウトドアユーザーの利用増加で地域活性化へ ■上野公園の樹木/7年で570本を伐採、「伐り過ぎ!」と批判の声 ■BBCニュース - ホワイトタイガーが飼育員かみ殺す インド南部の動物園で






ペンタス.PNG
ペンタス

パークマネジメントのヒント2017年10月11日

📖今日のニュース ■米ヨセミテ国立公園で巨大岩石が崩落 英国人男性死亡 ■代々木公園に、認定こども園が誕生する。 “まちぐるみの保育”とは ■少年自然の家をリノベーションして「泊まれる公園」に、沼津市 ■全市町村・観光協会・イベント事務局にお願いしたい、たった1つのこと ■公園・カフェに夜な夜な出没、残業削減でさまよう会社員






ヘレニウム.PNG
ヘレニウム

パークマネジメントのヒント2017年10月10日

📖今日のニュース ■打ち上げ花火暴発で2人けが 宮崎 都城 ■悲報!牛が竹を食い荒らし パンダの生息地減少 背景に四川大地震 ■日本ハム新球場に真駒内公園案浮上 ■グッドデザイン賞受賞 横浜スタジアムとベイスターズ提唱 コミュニティボールパーク化構想 ■舞鶴引揚公園で平和式典、若い世代がメッセージ






ベルガモット.PNG
ベルガモット

パークマネジメントのヒント2017年10月9日

📖今日のニュース ■国立公園満喫プロジェクト展開事業の公募について ■都市有効活用の新しいかたち「SOCIAL TOWER MARKET」@名古屋テレビ塔 ■入場無料!天王寺公園に木製遊具で遊べる「十津川村公園」開園中!■環境省、ネイチャーサービスの無料撮影プログラムを活用。国立公園の魅力をドローン映像で外国人に伝える ■大濠公園でヨガいかが 14日、イベント参加者を募集 福岡






ヘリオトロープ.PNG
ヘリオトロープ

パークマネジメントのヒント2017年10月8日

📖今日のニュース ■【関西の議論】変わる「ハコモノ行政」大阪城、駅前図書館、文化ホール…“民間の知恵”導入で変わる公共施設の光と陰 ■日比谷公園グランドデザイン検討会を設置|東京都 ■さっぽろオータムフェスト:札幌食の祭典、203万人が来場 ■公園内防犯カメラの設置について 高槻市 ■都立代々木公園内において、国家戦略特区制度を活用したこども園が10月1日に開園。その開園式が開催されました






ベニバナサルビア.PNG
ベニバナサルビア

パークマネジメントのヒント2017年10月7日

📖今日のニュース ■天王寺公園「てんしば」が2周年 総入園者数は823万人 ■都電荒川線で行く、とことん食べて、遊ぶ下町たび ■社説/大阪城、入館1億人突破−民間委託が奏功、他分野に波及を ■五輪会場・お台場海浜公園、基準を超える大腸菌 ■木下斉氏が指摘する“3つのシフト” 人口減少時代をどう生きる? 専門家の見方






ペチュニア.PNG
ペチュニア

公園PPP/PFI公民連携セミナー『公園管理運営の最前線−これからの公園に必要な公民連携の事業展開を学ぶ−』が福岡と東京で11月に開催です。 



11月9日(木)福岡会場
ppp福岡.PNG
ppp福岡2.PNG

ppp福岡3.PNG
ppp福岡4.PNG

11月17日(金)東京会場
ppp東京.PNG
ppp東京2.PNG

ppp東京3.PNG
ppp東京4.PNG

詳しいことは、次のURLで確認してください。
http://www.oriconsul.com/pdf-news/171002_newsrelease01.pdf

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
公園PPP/PFI公民連携セミナー

「公園管理運営の最前線
―これからの公園に必要な公民連携の事業展開を学ぶ―」を開催

株式会社オリエンタルコンサルタンツは、国土交通省が公募した「PPP協定(U)パートナー」として、国の官民連携事業の推進をより一層推し進めるため、都市公園に着目し、全国の自治体職員等を対象として、公園における官民連携事業推進の意識醸成を図り、事業展開に向けた勘所を学んでいただくために、本年度全国各地で4回のセミナーを開催することとしています。今年度上半期には、千葉会場と名古屋会場で開催し、定員を超える申し込みを頂き大盛況のうちに終了いたしました。
今年度下半期には、下記のとおり福岡会場と東京会場で開催いたします。
公園緑地はストックの老朽化の進行・魅力の低下、公園空間の有効活用の要請等の課題を抱えています。また、地方公共団体は、財政面、人材面の制約等から都市公園の新規整備や適切な施設更新がままならない状況にあります。
こうした状況を打開するため、国は、都市緑地法等の一部を改正する法律により、PPP/PFI手法等を活用し、公園の再生・活性化を目指しています。
今回のセミナーでは、こうした新しい動きや、すでに官民連携手法を活用して実績を上げている自治体や民間企業の事例などを、公園に携わる自治体職員等の皆様に情報提供し、民間活力を最大限活用して、公園の整備・管理運営を推進し、魅力的なまちづくりを実現することを目指しています。
 多くの自治体関係者等の参加をお待ちしています。
福岡会場                                         
◎日時:平成29年11月9日(木) 10時25分〜16時45分 (受付開始:9時30分)
◎会場:リファレンス駅東ビル 貸会議室(福岡市博多区博多駅東1-16-14 リファレンス駅東ビル3F)
◎プログラム
1)開会  主催者挨拶 
2)基調講演
講演1.「これからのPPP/PFIに求められるもの(仮)」
国土交通省総合政策局 官民連携政策課 課長補佐 三宅 亮 氏
講演2.「公民連携によるエリア価値の向上」
(株)アフタヌーンソサエティ 代表取締役 清水 義次 氏
3)事例紹介
●福岡市の都市公園における官民連携事業の取り組みについて水上公園ほか
福岡市住宅都市局 みどりのまち推進部 みどり推進課長 井上 雄介 氏
●レストラン事業者が考える出店したい公園の10か条
(株)バルニバービ 代表取締役 佐藤 裕久 氏
●公園におけるレストラン・ウェディング事業の展開
アイ・ケイ・ケイ(株)新規事業開発推進室 室長 津田 智久 氏
●北九州市の都市公園における公民連携事業の取り組み勝山公園ほか
北九州市建設局 公園緑地部 緑政課長 奥野 静人 氏
●北九州・響灘緑地における地域活性化の取り組み
潟Iリエンタルコンサルタンツ地域活性化推進部 次長 川本 卓史 氏
4)質疑応答・意見交換・個別相談

◎対象者 公園関係自治体職員等
◎定員 200名程度
※先着順とさせていただきますが、申し込みが多数になった場合は、一団体からの参加人数を限らせていただく場合もございます。その場合はご了承ください。
◎参加費 無料
◎申込方法・申込期限
1)申し込み方法
メールまたはFAXにてお送りください。
メールの方は、メール本文に参加希望者の@氏名A所属B役職C電話番号DemailE参加会場(福岡会場)をご記入ください。
FAXの方は、チラシの申し込み用紙をご利用ください。
 ・メール:seminar_info@oriconsul.com  ・FAX :092-411-3086

2)申し込み期限
平成29年11月2日(木)
※ただし、定員に達した場合はその時点で申し込みを締め切る場合もございます。
 また、民間企業の方もお申込みいただけますが、自治体関係者の方の申し込みを優先するため、ご希望に添えない場合がございます。あらかじめご了承ください。
 ◎主催 国土交通省PPP協定(U)パートナー 株式会社オリエンタルコンサルタンツ
 ◎後援 国土交通省
 ◎お問合せ/事務局
  株式会社オリエンタルコンサルタンツ 公民連携セミナー担当
  〒151-0071 東京都渋谷区本町3-12-1 住友不動産西新宿ビル6号館
  電話03−6311−7867(直) 
  メールアドレス seminar_info@oriconsul.com

東京会場                                            
◎日時:平成29年11月17日(金)10時25分〜16時45分 (受付開始:9時30分)
◎会場:ベルサール西新宿 ROOM6(新宿区西新宿4-15-3 住友不動産西新宿ビル3号館 8F)
◎プログラム
1)開会  主催者挨拶
2)基調講演
講演1.「これからのPPP/PFIに求められるもの(仮)」
国土交通省総合政策局 官民連携政策課長 中井 淳一 氏
講演2.「都市公園における官民連携のあり方」
国土交通省都市局 公園緑地・景観課長 町田 誠 氏
3)事例紹介
●大阪市のパークマネジメント事業の取り組み
大阪市建設局 公園緑化部 調整課長  竹野 瑞光 氏
●『てんしば』のパークマネジメント 事業者からみた公園の可能性
近鉄不動産(株) アセット事業部ハルカス運営部長 中之坊 健介 氏
●レストラン事業者が考える出店したい公園の10か条
(株)バルニバービ 代表取締役 佐藤 裕久 氏
●横浜市の都市公園における公民連携事業サウンディング調査の取り組み
横浜市環境創造局政策課 みどり政策担当課長  綱河 功 氏
●パークエージェンシー導入による公園活性化と公園管理運営の高度化
潟Iリエンタルコンサルタンツ地域活性化推進部 担当次長 中村 慶之介 氏

4)質疑応答・意見交換・個別相談

◎対象者 公園関係自治体職員等
◎定員 200名
※先着順とさせていただきますが、申し込みが多数になった場合は、一団体からの参加人数を限らせていただく場合もございます。その場合はご了承ください。
◎参加費 無料
◎申込方法・申込期限
1)申し込み方法
メールまたはFAXにて受付いたします。
メールの方は、メール本文に参加希望者の@氏名A所属B役職C電話番号DemailE参加会場(東京会場)をご記入ください。
FAXの方は、チラシの申し込み用紙をご利用ください。
 ・メール:seminar_info@oriconsul.com    ・FAX :03-6311-8023(関東支店事業企画部)

2)申し込み期限
平成29年11月10日(金)
※ただし、定員に達した場合はその時点で申し込みを締め切る場合もございます。
 また、民間企業の方もお申込みいただけますが、自治体関係者の方の申し込みを優先するため、ご希望に添えない場合がございます。あらかじめご了承ください。
◎主催 国土交通省PPP協定(U)パートナー 株式会社オリエンタルコンサルタンツ
◎後援 国土交通省
◎お問合せ/事務局
  株式会社オリエンタルコンサルタンツ 公民連携セミナー担当
  〒151-0071 東京都渋谷区本町3-12-1 住友不動産西新宿ビル6号館
  電話03−6311−7867(直) 
  メールアドレス seminar_info@oriconsul.com